赤ちゃん筆・胎毛筆の紹介










こんにちは。バーバーサトウです。

香川県坂出市にある理容店を営んでおります!
商店街から、現在の店舗に移転して早10年が経ちました。
最近は育毛やシャンプー、アンチエイジング、白髪染めの知識吸収に夢中です♪

■バーバーサトウの公式ブログ
 香川県坂出市の理容店・バーバーサトウ

このサイトでは、「赤ちゃんの筆」について
ご案内します。



赤ちゃんの筆」とは何ですか?



最近は少子高齢化の影響で、多くの家庭でも子供さんの数って少ない傾向にありますよね。
もちろん、子供さんの数が多い少ないに関わらず、愛情をたっぷり与えて育てていらっしゃいます。

最近、多くご注文いただくのが赤ちゃん筆です。

赤ちゃん筆とは、胎毛筆とも言われるモノですが、
生まれてから一度もハサミを入れていない毛先の残った「胎毛」で作られた筆のことです。

胎毛筆は頭脳明晰・健やかな成長を祈り、古来より珍重されてきたモノです。
確かに、一生のうちに一度しか作ることが出来ないものが胎毛筆です。


赤ちゃんの筆」に必要な長さや量は?



赤ちゃんの毛が大分伸びてきたから、筆を作りたいんですけど、髪の毛の長さってどれくらいか?
最低でも5~6cmの長さは必要になります。
短い場合は、もう少し赤ちゃんの髪の毛が伸びるのを待ってもらいます。

前髪が目に入るから、切りたいんだけど・・・。
そんな場合は、前髪だけを先に切ってしまい、大切に保管します。
残りの部分は切らずに残し、伸びた際に改めてカットします。
以前取っておいた前髪の部分と、合わせて筆とします。

赤ちゃんの髪の毛の量は?と言いますと。
筆を作成するメーカーによれば、胎毛をきつくたばねた状態で8mm以上必要とあります。

目安として、大人の方の小指大の太さで中筆。
大人の方の親指大ほどあれば、立派な筆が作れますよ。

胎毛」の量が少ない場合は?



  1. 先ほど述べた場合のように、先にカットした毛を保管しておき、再度伸ばした頭髪と合わせて筆を作成する。
    この場合は、再度伸ばした髪の毛を芯にし、最初にカットした毛でその芯を取り囲む形になります。
  2. 赤ちゃんのご両親や、ご兄弟の頭髪を芯として使用し、赤ちゃんの髪の毛で芯の周りを覆う。
  3. 書道用の筆の作成方法と同様に、腰毛を入れて作成する。

3番の例は少ないのですが、1番・2番は当店でも前例があります。

お父さん、お母さん、ご兄弟、赤ちゃんの髪の毛を足して、制作。
そうすることでより家族の絆や縁が深まり、思い出の筆が出来上がるということで、
多くのお客様にも喜ばれていますよ。

    

赤ちゃんの筆」の穂先仕上げで
「先固め」と「さばき仕上げ」の違いは?



赤ちゃん筆には2種類の穂先仕上げがあります。

先固め仕上げ
先固め仕上げは、一般の書道筆のように穂先をのり固めした仕上げになります。



さばき仕上げ
さばき仕上げは、胎毛の繊細な感触を味わえるように穂先を説いた状態の仕上げです。



バーバーサトウでは、さばき仕上げをおススメしております。
赤ちゃんの髪の毛の風合いを、いつまでたっても感じられます。
ツンツンしたり、サワサワしたり、クネクネしたり





胎毛筆の軸には、赤ちゃんご本人のお名前と生年月日が刻まれます。



その他「赤ちゃんの筆」Q&A



筆の大きさはどうやって決めるのか?
赤ちゃん筆を作る際に、カットした髪の毛の全てを使用できるわけではありません。
メーカーに送った髪の毛の中から厳選された胎毛を使い、筆を制作します。
細筆、中筆。太筆に関わらず、料金は同じですので、多くの髪の毛を送って、
少しでも立派な筆を作ってください。


くせ毛でも赤ちゃん筆は作れますか?
「火のし」と言われる工程でクセをとる作業を行います。
この作業により、直毛になりますので、お子さんのくせ毛がキツイ場合でも心配要りません。


赤ちゃんの胎毛以外でも筆は作れますか?
作れますよ。
胎毛でなくある程度成長された、お子さん髪の毛でも筆の制作は可能です。
七五三記念・ご入学記念・ご卒業記念・ご就職記念・ご結婚記念
その方その方でお祝いの時期や考え方も異なります。

特に胎毛にこだわるって必要もありません。
バーバーサトウのお客さんで70歳を超えて、長い髪をバッサリと切って白髪の筆を作られた女性もいらっしゃいました。


赤ちゃん筆を注文してから、完成までの期間は?
約1ヶ月かかります。
オプションが増えたり、特別な筆の場合は2ヶ月ほどかかる場合もあります。




↓楽天市場 赤ちゃんの筆の詳細情報は↓こちらからどうぞ♪




何かご不明な点、ご相談等ございましたらお気軽にメールをください^^

 ご購入前の相談メールはコチラ



| 赤ちゃん筆の関連記事バーバーサトウの公式ブログ」|




Copyright (C) 2013バーバーサトウ All Rights Reserved.
※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます