どーも、バーバーサトウです。

「ANDO MUSEUM」を堪能した我々は、近所を歩いて散策することに。

路地に入れば、昭和の雰囲気。

 

画像 269

 

日除けも生活の知恵です。

 

画像 266

 

玄関灯もナイス。

 

画像 267

 

お店の名前?

 

画像 270

 

しばし散策の後に、お腹が空いていることに気付く。
今回の直島ツーリングの目的の一つ、「Shioya DINER」に行くことに。

この店は、Fly Wheels (フライホイール)誌にコラムをお持ちの
バディさんが経営しているお店です。

ケイジャンチキンのランチを注文し、焼いている間にCS92やスポカブを見ながら、
しばし談笑。

音楽、ファッション、車にバイク等、フィフティーズのお話を色々してもらい。

画像 271

 

焼きたてのケイジャンチキンに舌鼓を打つ。

画像 273

 

店内もコダワリのグラスに、ファイヤーキングのカップもいっぱい。

装飾品もこだわりの一品。

画像 272

 

関東の仲間のお話や、直島のバディさん流の観光スポットも教えてもらい。
なかなかの濃ゆいランチタイム。

また、仲間を連れてツーリングに来ます!と勝手に約束をし・・・。
直島一周に出かける。

バディさんに教えてもらった直島観光スポットの一つ。
直島パラダイスロード。

画像 276

 

ここで最高速にチャレンジ・・・(嘘)。

image69

 

黄色いカボチャにかぶりつき。

画像 274

 

まぁまぁ気持ち悪い感じもし。。

画像 275

 

島内一周、約8キロを山アリ、水路アリ、海岸線をご機嫌に走る。

ツーリングの目的の一つの直島銭湯にも入湯。

画像 279

 

貸切状態の湯船で、汗を流す。
まだ日の明るいうちに入浴するのって、すごい贅沢な感じです。

風呂上がりの脱衣所で、台座に埋められた液晶パネルに
「じぇじぇじぇ!!」と釘付けになる2人。

昔の海女さんは、ふんどし一丁で海に潜っている映像が流れていました。
ワイルドやったんやなぁ~、海女さん。
丸出しか。。

そんなこんなで、帰りのフェリーの時間が近づき。
船乗り場でカフェラテソフトを頬張る。

画像 280

 

アートな島を楽しんだ我々は、フェリーの甲板で赤いカボチャに別れを告げる。
「グッバイ、直島。また来るよ。」

画像 282

 

甲板では、大人としての良心を問われたり。

画像 281

 

直島にて、素敵な休日を過ごしました。
本日の走行距離。

CS92:66キロ。
スポカブ:62キロ。

いや、全く同じルートですけど・・・。

どちらかが正しいのではない、
どっちも正しいのである。