普段の運動不足のせいか、仙龍寺の長い坂道が非常に応える。

坂の途中から見える、境内下の滝。
見えるぅ?

IMG_2015

上った先には、立派なお寺。

IMG_2018

仙龍寺の名前の通り、龍があいさつ

IMG_2020

ここで手を清め、本堂に参拝することなく、坂道を下る・・・。
坂の途中で友人Tが何かに気づく。

IMG_2022

ん、どしたの?

あれって、蜂の巣ちゃうん?
しかも、デカイよ。

マジ?

IMG_2023

こんな崖みたいなところに建ってるのに、蜂の巣の駆除ってどうするんやろう?
クレーンかな?
いや、こんな細い坂道を大型クレーンは登れんやろ?

と、世間的には十分大人な2人の知恵を合わせても、大して明確な答えが出ないまま再出発。

それからしばらく山道を走り、本来の目的地である
道の駅「霧の森」に到着。
ここの目的は一つ。

【送料無料】極上のおやつ

【送料無料】極上のおやつ
価格:1,365円(税込、送料別)

この本に掲載されている、まぼろしの大福。

霧の森大福を食すること。

IMG_2024

霧の森大福に串を刺そうとした瞬間に、友人Tの一言。
「えっ、写真撮らんの・・・?」

「あっ、そやね、忘れてた・・・。」

あまりにも霧の森大福の魅力に引き込まれすぎ。。

まだまだ美人ブロガーへの道のりは遠し。
(てか、美人にはなれません・・・)

これ、非常に上品なお味。
口の中でとろけます。
抹茶との組み合わせも最高♪

まだまだ南へ進むべく、再出発。